【今夜10月25日の麒麟がくる】第29話 信長の二条城建設に猛反発 光秀はボロボロの御所へ

[ 2020年10月25日 08:00 ]

大河ドラマ「麒麟がくる」第29話。摂津晴門(片岡鶴太郎)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の長谷川博己(43)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)は25日、第29話「摂津晴門の計略」が放送される。

 将軍の御座所襲撃に怒った信長(染谷将太)は、京に将軍を守る城が必要だとして、独断で二条城の建設を始めてしまう。各地から資材を召し上げながら急ピッチで進む強引な工事に、幕府の摂津晴門(片岡鶴太郎)の元には信長に対する多くの反発の声が届く。ある日、伊呂波太夫(尾野真千子)から呼び出された光秀(長谷川)は、幕府より身を追われ、身を隠した近衛前久(本郷奏多)と対面。前久は、今の幕府は己の私利私欲を満たすことしか頭にない連中ばかりだと忠告。そして、本来帝を守るべき幕府の本分を見失っていることをほのめかすのだった。将軍よりも上の存在という帝の存在が気に掛かった光秀は、ボロボロになった御所へと足を向ける。

 大河ドラマ59作目。第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。

 若き明智光秀(長谷川)織田信長(染谷)斎藤道三(本木雅弘)今川義元(片岡愛之助)、そして豊臣秀吉(佐々木蔵之介)徳川家康(風間俊介)が所狭しと駆け巡る――。戦国初期の群雄割拠の戦乱の中、各地の英傑たちが天下を狙い、命を懸け、愛を懸けて戦う戦国時代のビギニングにして「一大叙事詩」となる。

 語りは歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)。音楽は映画「キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV」などで知られる米作曲家ジョン・グラム氏。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月25日のニュース