宇垣美里アナ、きっぱり 恋愛と仕事「同じ脳みそ使ってない」

[ 2020年10月25日 08:36 ]

フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里
Photo By スポニチ

 元TBSのフリーアナウンサーの宇垣美里(29)が、25日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。自身の恋愛について「一目ぼれが多い」などと語った。

 この日は、宇垣アナ、フリーアナウンサーの鷲見玲奈(30)、フジテレビ・久代萌美アナウンサー(31)の3人で“女子アナ”トークを展開。恋愛の話題で盛り上がった。

 宇垣アナは自身の恋愛観を「基本的に一目ぼれが多いかもしれないです。お互いに一目ぼれ…みたいな感じ」と告白。久代アナも「私もそっち派だな。一目ぼれ派」と共感しながら「実はなんとも思ってなかったのに、ゆくゆく…とかは絶対にない。会った瞬間に分かるよね」と語った。

 さらに、宇垣アナは、恋愛対象について「友達は、友達!」ときっぱり分けるとも。恋で落ち込んだ時の仕事への影響は「恋愛とかプライベートの嫌なことで“がー!”って感情が(アップダウンに)なると、これをラジオで話せばいいやってなる」と、すぐに切り替えられることを明かし、「仕事は別なので、そんなに同じ脳みそを使ってない。アナウンサーロボット(仕事のスイッチを)カチッ(オン)みたいな感じですね」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月25日のニュース