アンタ山崎「詫びて欲しい、肩にドンって」、アンジャ児嶋に殴られた過去明かし謝罪要求

[ 2020年10月25日 22:02 ]

アンタッチャブルの山崎弘也
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、アンタッチャブルの山崎弘也(44)が25日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。若手時代、お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(48)に殴られたとし、謝罪を要求した。

 今回は「納得いかない!詫(わ)びろ」がテーマ、本気で謝罪してほしい人物をぶっちゃける企画を実施した。山崎が挙げたのが、児嶋だった。過去、一緒に出演したお笑いライブのエンディングで繰り返しムチャ振りしたところ、児嶋がスベりまくったことがあったという。

 同ライブの幕が下りた瞬間、「てめえ、この野郎」と児嶋が殴りかかってきたそうで、「詫びて欲しい」と感じていたと説明。児嶋の拳は自身の顔面を狙っていたとし、「うちの相方(柴田英嗣)が止めて間に入って(児嶋を)つかんでくれた、なので肩にドンって」と、当時を振り返った。

 その後、スタジオに児嶋が登場。山崎のムチャ振りは約20分続いたと話し、「その前だってお前がエンディングで振ってウケたことないから」と不満をぶちまけた。「10分過ぎたあたりから、どん帳が閉まったら殴ろうって思っていました」と明かした。

 山崎は「詫びてくれたら僕はキレイさっぱり流します」。さらに、TBSドラマ「半沢直樹」内で「詫びろ」のセリフが反響を呼んだ歌舞伎俳優、市川猿之助(44)が「殴ろうとしたんだってな、詫びろ大島!」と加勢した。

 「児嶋だよ!」とお決まりの返しを聞いた山崎は、「僕は全然わだかまりもない」と余裕のコメント。児嶋は「お前が大人みたいになっている、俺が大人げないじゃないかよ」と鋭いツッコミを繰り出し、スタジオを盛り上げいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月25日のニュース