SKE須田亜香里 コロナ濃厚接触者の重圧「発症の可能性がある人として過ごさないといけなかった」

[ 2020年10月25日 17:20 ]

SKE48の須田亜香里
Photo By スポニチ

 SKE48須田亜香里(28)が25日、インターネット放送ABEMAのニュース番組「ABEMA的ニュースショー」に出演し、新型コロナウイルスの濃厚接触者として過ごした期間について語った。

 須田は一緒に仕事をした人がコロナに感染したことが分かり、所属事務所が12日、数日間の自宅待機を発表。その後、仕事に復帰した。

 須田もPCR検査を受けて陰性だったが、「陰性だったら普通に活動できると思ったらそんなことはなくて、2週間の間は発症する可能性がある人として過ごさないといけなかった」と説明。「自分は発症するかもしれないから、ずっと家に1人でいないといけなかったから、プレッシャーというか(があった)」と振り返った。

 感染者ではなく、濃厚接触者への対応を身をもって知った須田は、「ウイルスに感染された方の話を聞くことがあったけど、そういう現実を知らなかったので、驚きました」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月25日のニュース