いとうあさこ 今日からエコバッグ持参「テンションが上がる可愛い柄」「家帰るとひっくり返して干す」

[ 2020年7月1日 17:31 ]

いとうあさこ
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の、いとうあさこ(50)が1日、水曜レポーターを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・00)に出演し、エコバッグについて話す場面があった。

 環境保全を目的として、この日から全国でプラスチック製のレジ袋が有料化。いとうは「昨日、それを思い出して。ちゃんと使ってみようと思って、ちょっと前にテンションが上がる可愛い柄のエコバッグを買ってたんですけどね。持っていくのを忘れちゃって」とし、ようやく忘れずに持参したことを明かした。

 パーソナリティーの大竹まこと(71)がスーパーなどで会計の際、レジ係はレジ袋の有無、購入量に適したサイズ、枚数など、その都度、説明しなければならないので大変だと話すと、いとうは同感しつつ、「いや~『イラチあさこ』はバイトができないな、多分。大変だ」と吐露。続けて、エコバッグを持参しても、買った物が増えてしまい結局、バッグに入りきらないパターンもあるとし、「後からやっぱりレジ袋が1枚必要となると、またレジが大変だしね。後ろに並んでいるし」と、身近な悩みを語った。
 
 エコバックを愛用していても、頻繁に洗濯している人がまだ少ないことに触れて、いとうは「家帰ると(エコバッグを)ひっくり返して干すけどね。おばちゃんは」と自身の習慣を明かし、「リバーシブルなら今日はこっち側、明日は反対側で良い。外側は日光で消毒されて」と、笑いながら私見を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月1日のニュース