カンニング竹山、東京都のコロナ対策に不信感あらわ「夜の街関連ってもう何日間言ってんですか」

[ 2020年7月1日 15:52 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のカンニング竹山(49)が1日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。新型コロナウイルス感染拡大対策を巡り、東京都への不信感をあらわにした。

 6月30日の東京都の新規感染者数は54人で、5日連続となる50人超え。1日には緊急事態宣言解除後では最多となる67人の新規感染者が確認されたことが分かった。

 竹山は「『夜の街関連』という言葉が広まりすぎちゃって勘違いしている人もいるかもしれないけど、昼の街でも感染していて、それで60何人ってどんどん増えている。それをもうちょっとちゃんとアナウンスしないといけない」と主張。

 また「『夜の街関連』って、もう何日間言ってんですか。これは東京都の行政として(感染拡大の抑え込みに)失敗してるんじゃないか」と指摘。前日に小池百合子都知事が新たなモニタリング指標7項目を公表したことを受けて「それなのに会見で新しい指標を出しますって、何をビビってんだって話ですよ」と厳しい口調で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月1日のニュース