青学大陸上部・原晋監督 指導の心得「できる半歩先の目標を考えながら積み上げていく」

[ 2020年7月1日 16:05 ]

青学大陸上部監督の原晋氏
Photo By スポニチ

 青学大陸上部長距離ブロックの原晋監督(53)が6月30日深夜放送のフジテレビ「石橋、薪を焚べる」(火曜深夜0・25)にゲスト出演し、指導で心掛けていることを明かした。

 原監督は「当たり前のベースを上げていくだけ」と言い、「陸上競技というのは、規則正しい生活というのをきちっとやらなくてはいけない。朝早く起きて夜早く寝て3食を摂るという当たり前のベースをきちっとやっていく。それが定着する、そしてトレーニングも設定タイムを少しずつ上げていくことによって、昔だったらこの練習はヒイヒイ、ハアハアいっていたものが楽になるといった、できる半歩先の目標を考えながら積み上げていく」と説明。そして「その子の能力の行き過ぎたものは妄想に過ぎないので、その子の能力の半歩先を見据えてあげて、そこを成果として出して当たり前のベースにしていく。その連続性だと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月1日のニュース