「Snow Man」岩本照 活動再開を発表「二度と同じ過ちを犯さないよう精進」

[ 2020年7月1日 11:55 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 過去に未成年女子を含む酒席に参加したとして活動を自粛していた、9人組「Snow Man」のリーダー岩本照(27)が1日、活動を再開することをファンクラブ会員向けに報告した。

 岩本は「この度は、私の自覚が足りない行動によりファンの皆様や関係者の皆様、沢山の方にご心配とご迷惑をおかけしてしまった事、深くお詫び申し上げます」と騒動をあらためて謝罪。「再び活動させていただける事に感謝し、これからは沢山の笑顔を皆様に届けられるよう精一杯励んでいきます」と前を向いた。

 この日から「滝沢歌舞伎ZERO The Movie」の稽古にも参加することも報告。「今後、二度と同じ過ちを犯さないよう精進致します」とつづった。

 岩本は3月27日発売の写真誌「フライデー」で、ジャニーズJr.時代の2017年11月に都内のラブホテルで男女10人の飲み会に参加し、その中に未成年がいたことを報じられた。事務所の聞き取りに対して、未成年がいた認識はなかったものの、酒席に参加したことは事実と認めた。事務所は「今回のような酒席に参加していること自体、ジャニーズ事務所所属タレントとしてふさわしくない行動」と判断。同30日に「より深い反省を促すために、一定期間芸能活動を自粛することといたします」と活動自粛を発表していた。

 岩本は今年1月にデビューしたSnow Manの初期メンバーでリーダー。現副社長の滝沢秀明氏(38)から受け継いだ舞台「滝沢歌舞伎」や、昨年7月に亡くなったジャニー喜多川前社長(享年87)が力を入れていた舞台「少年たち」などに出演していた。

 5月28日に「滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie」の公開が発表された際、岩本の出演は未定としていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月1日のニュース