「SUPERSONIC」公式サイトで9月開催発表 「安全を十分に考慮」ステージは全て屋外

[ 2020年7月1日 15:13 ]

 2020年限定の大規模音楽イベント「SUPERSONIC(スーパーソニック)」は1日、公式サイトで「SUPERSONIC開催に向けて」と題したメッセージを掲載。「新型コロナウイルス感染症対策を講じ、ご来場のお客様・アーティスト・関係スタッフの安全を十分に考慮して開催致します」と予定通りに開催すると発表した。東京公演はZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園で9月19日から21日、大阪公演は舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)で9月19日、20日に行われる。

 サイトでは「現在、政府より発表されている『新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針』や行政機関からの指導を基に、会場側とも協議を重ね実施に向けたガイドラインを作成しています」と伝えている。

 さらに、感染症対策として以下の指針を示した。

【キャパシティの制限】キャパシティを減らし、ソーシャルディスタンスを保つ場内レイアウトや誘導スタッフの配置を行う。

【ステージ数】東京は3ステージ、大阪は2ステージで全て屋外。

【感染症対策】入場時の検温、消毒や手洗い場を設置し来場者、スタッフにはマスクの着用を呼び掛ける。来場者同士の距離を保ち休憩できるエリアを設置する。

 また、チケット購入者情報については、入場時及びチケット購入時に登録した名前、連絡先を政府の要請に基づき保健所等の公共機関へ提供する可能性があるとし、来場前には「新型コロナウイルス接触確認アプリ」のダウンロード・登録をお願いするとしている。

 アーティストはASIAN KUNG-FU GENERATION、BiSH、LIAM GALLAGHER、FATBOY SLIM、きゃりーぱみゅぱみゅ、Creepy Nuts、BLACK EYED PEAS、Official髭男dism、BAD HOPらの出演が予定されている。

 毎年8月開催の「サマーソニック」(千葉・幕張)は、当初予定されていた東京五輪・パラリンピックの開催期間を避け、9月に代替イベントの20年限定フェス「スーパーソニック」として開催する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月1日のニュース