松岡修造氏「スポーツは心だけじゃ戦えない」現役時代に“考え”が変わった瞬間

[ 2020年7月1日 12:50 ]

松岡修造氏
Photo By スポニチ

 元テニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏(52)が1日、「ミズノ プレスカンファレンス」新素材&新商品オンライン発表会に登場。現役時代、競技に対する考え方が変わった瞬間について語った。

 松岡氏は、陸上の飯塚翔太(29)とラグビー日本代表・田中文朗(35)と登壇。ソーシャルディスタンスを保ちながらトークセッションを実施し、飯塚から「現役時代にスポーツに対する思いが変わった瞬間」について質問された。

 松岡氏は「ミズノさん(のイベント)だから言うんじゃないですけど、ラケットを変えた瞬間なんですよ」と真剣な表情で告白。熱血漢なキャラクターで知られるが「スポーツというのは心だけじゃ戦えない」と語った。

 「わがままを言って100本ラケットを試打させてもらって、本当に好きなものをつくってもらった時に、(95年のウィンブルドン)ベスト8という結果が出た」と自身の経験談を明かし、「心と体だけではなく、もう一つは“武器”」と力説していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月1日のニュース