尾木ママ「不思議な国の議会見てるような錯覚にとらわれた」世間からズレた感覚の首相、議会に怒り

[ 2020年4月2日 19:51 ]

尾木直樹氏
Photo By スポニチ

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(73)が2日、自身のブログを更新し、世間一般からズレた国会議員たちの感覚にあきれ返った。

 「今頃国会で消毒始めたよ?」のタイトルでブログを更新。「ニュースを見てまたまたビックリ!!国会議事堂では今日から議場入り口でプッシュ式のアルコール消毒始めました!あたかも二か月前の映像かと思いました!」と書き始めると「『いつまで桜問題やっているのかしら?』と不思議でしたがーーなるほどお給料は全く心配ない どんなに国民が困っていても実感がなかったのですねーー国会議員の皆さんは想像以上にズレておられるのかもしれないと疑い始めました」と怒りをぶちまけた。

 そして、「よりによってこの予防効果がないと宣言されている布製マスクをご自分だけではなく、全家庭に2枚ずつ郵送するというのですからーー唖然とします!しかも再来週から都市部から順次発送するスローぶりを『スピード感持って』やると胸張って発言されるのですから、もう不思議な国の議会見てるような錯覚にとらわれたのは尾木ママだけでしょうか?」と、1日の新型コロナウイルス特措法に基づく政府対策本部で緊急経済対策の一環として再利用が可能な布マスクを1住所当たり2枚ずつ配布すると表明した安倍晋三首相(65)を皮肉った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月2日のニュース