TBS ロケやスタジオ収録を2週間見合わせ 「半沢直樹」など春ドラマ3本やバラエティー番組

[ 2020年4月2日 15:20 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSは2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今月4~19日の約2週間、ドラマやバラエティー番組のロケやスタジオ収録を当面見合わせると発表した。主にドラマは緑山スタジオ、バラエティーは赤坂の同局内スタジオ。既に「MIU404」(金曜後10・00、当初10日スタート)「私の家政夫ナギサさん」(火曜後10・00、当初14日スタート)「半沢直樹」(日曜後9・00、当初19日スタート)の連続ドラマ3本の放送開始日を延期したが、連ドラ3本の撮影も約2週間、一時休止となる。NHKも連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)と大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の収録を今月12日まで当面見合わせると発表している。

 TBSは報道・情報番組に対して「ドラマやバラエティーなどの番組については、不特定多数の方々と接したり、大人数が集まったりするケースが多いことから、一般の方出演者の方々、番組スタッフへの感染予防を最優先に、当面、ロケやスタジオ収録などを見合わせることといたしました」報告。

 「見合わせる期間は、この週末4日(土)から今月19日(日)までのおよそ2週間とし、それ以降については状況を見極めながら判断してまいります」とした。

 発表は以下の通り。

 【新型コロナウイルス対策についてのお知らせ】

 新型コロナウイルスについて、感染爆発の“重大な局面”が続いているとの認識が示されるなど、感染拡大が収まらないことを受け、TBS放送センターでは、本日より、来館を必要最小限にとどめるようお願いするとともに、正面入り口にサーモカメラを設置し、体温が37・5度を超えている方には入館をお断りする措置を始めました。また、マスクや消毒の励行、体調管理、テレワークなど、社内の感染防止対策をより一層強化、徹底してまいります。

 TBSとしましては、報道機関としての責務を果たすため、報道・情報番組については、引き続き、感染防止に最大限の配慮を行いながら、取材や放送に取り組んでまいります。一方、ドラマ・バラエティーなどの番組については、不特定多数の方々と接触したり、大人数が集まったりするケースが多いことから、一般の方々や出演者の方々、番組スタッフへの感染予防を優先に、当面、ロケやスタジオ収録などを見合わせることとと致しました。

 見合わせる期間は、この週末4日(土)から今月19日(日)までのおよそ2週間とし、それ以降については状況を見ながら判断してまいります。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月2日のニュース