クドカン“3密”MV撮影参加 22日にバンド「グループ魂」密集状態のライブハウスで…

[ 2020年4月2日 05:30 ]

宮藤官九郎氏
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染を3月31日に発表した脚本家で俳優の宮藤官九郎(49)が1日、月曜パーソナリティーを務めるTBSラジオ「ACTION」にメッセージを寄せた。

 水曜パーソナリティーのDJ松永(29)が代読。宮藤は「他の曜日のパーソナリティーやリスナーの皆さんに迷惑を掛けてしまった」と謝罪。肺炎や風邪の症状はないといい「一日でも早く元気になって、愚痴をたくさん持って帰ってきます」とした。前回3月30日の放送は腎盂(じんう)炎のため欠席していた。

 一方で、宮藤がギターを担当するロックバンド「グループ魂」が3月22日にミュージックビデオの撮影を、都内のライブハウスで行っていたことが分かった。関係者によると、人気バンドも共演し、会場内に多くのエキストラを入れた密集状態だった。所属事務所は「参加者全員を検温し、マスクを配り、入り口でアルコール消毒を徹底。1曲ごとにエキストラを外に出して換気し、万全の態勢で臨みました」と説明。スタッフの一人は「クラスター感染が起きていないことを願うばかりです」と話した。

 同バンドのボーカルの阿部サダヲ(49)は、宮藤と最近まで一緒に舞台「もうがまんできない」の稽古も行っていた。舞台関係者によると、阿部ら濃厚接触したとみられる共演者は現在、自宅待機しているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月2日のニュース