広末涼子 反抗期の長男と大げんか 夫に諭された「もうちょっと冷静に…」

[ 2020年1月25日 15:58 ]

女優の広末涼子
Photo By スポニチ

 女優の広末涼子(39)が25日放送のTBS「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。子育て法や、長男との親子げんかの様子を語った。

 4歳、8歳、15歳の3児の母。家のことで何かをする役割があった方が良いと、家族で分担を決めているという。「みんな“マイ包丁”を持っているので、3歳のお誕生日で(マイ包丁を)買うのが、うち恒例なので」と広末。続けて「小学校になったら、母の日とか誕生日とか、本人がやりたければ、こっそりサプライズでお料理とかできるくらいにしてあげたいなと思って」と、母としての思いを語った。

 15歳の長男は留学中。一緒に暮らしていたときは反抗期もあったという。「一応、女優だからけがしないように。やっぱり力で勝てるのはいくつまでかなみたいなときはありましたけどね」と明かし、「タイミングが悪いと、何か(物が)飛んできたり…男の子なので」と、当時の様子を振り返った。

 「多分、成長過程で、体のイライラとかあるんですよね、どうしても」と反抗期を理解しつつも、「だから、そこはバランスを見てあげないといけないなと思いつつも、一緒になって怒ったりけんかしちゃうので、主人から『もうちょっと冷静にお母さんの立場で』って言われたりしたんですけど」と、夫のキャンドル・ジュン氏(48)から諭されたことを明かした。

 離れて暮らしていることで長男との関係性も変わってきたという。「一緒に暮らしていた時は、LINEしても既読にもならなかったのが、まともに会話できるようになったというか」と話し、笑顔で締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月25日のニュース