5児の父…元祖イクメン・つるの剛士 妻こそ最愛 世の夫に問いかけ「思いっきり惚気ようぜ!」

[ 2020年1月25日 16:14 ]

つるの剛士
Photo By スポニチ

 タレントのつるの剛士(44)が24日、自身のツイッターを更新。「離婚を望み結婚する人はいない」「人の“離婚”“不倫”ウンザリ」などとつづった。名前は出していないが、俳優の東出昌大(31)が女優・唐田えりか(22)と3年近く不倫関係にあったことが原因で、妻で女優の杏(33)と別居していることに関連してのものと思われる。

 2003年に結婚した妻との間に5人の子どもに恵まれ、芸能界屈指の“イクメンパパ”としても知られる、つるの。

 タレントの“しょこたん”こと中川翔子(34)が「世の中不倫ばっかりできもちわるくなる」「不倫しない人って存在する?」と問いかけたツイートを貼り付けた上で「あぁ~拝啓、しょこたん」と切り出すと「皆幸せを願い結婚するわけで…神の前で永遠の愛を誓うわけで…離婚を望み結婚する人はいないわけで…人の“離婚”“不倫”ウンザリなので小さくても幸せなとこへもっとスポットをというわけで…全国の我妻こそ最愛な最幸旦那ども!ここで思いっきり惚気(のろけ)ようぜ!笑」とつづった。

 「#妻愛」とハッシュタグを付けたつるのに、全国の妻を愛する男性からコメントが殺到。「妻を世界で一番愛しています!」という男性につるのは「負けませぬ」と、「来世も絶対妻がいい!です!笑」という投稿には「同じく!!前世も一緒でした!」と、「嫁さんには感謝しかありません」には「ボクもです!」と返すなど最愛の妻への愛情を包み隠すことなく表現している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月25日のニュース