中居正広 後輩グループ名に「どういうつもりで言ってるの?」「しんどいわ、それ!」

[ 2020年1月25日 15:32 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が24日深夜放送の日本テレビ「新・日本男児と中居」(金曜深夜0・30)に出演。ジャニーズJr.のグループ名に「しんどいわ、それ!」とツッコミを入れる場面があった。

 この日はまだ見ぬ逸材を発掘するという「新・日本男児オーディション」が放送され、ジャニーズ事務所から新しい価値観を持つ人物として、ジャニーズJr.のグループ「美 少年」に所属する那須雄登(18)が「嵐」の櫻井翔(38)を崇拝する“櫻井翔ラー”として登場した。

 那須が「『美 少年』に所属する那須雄登です」と通常の自己紹介をすると、中居は「『美 少年』所属ってどういうつもりで言ってるの?その中にはブ少年もいるわけでしょ?」とけげんな表情。「美少年で通してるの?」と確認し、「いやいやいや、しんどいわ、それ!」と言い放ち、笑わせた。さらに、那須が“櫻井翔ラー”だというと、中居は思わず「で、櫻井?」とツッコミを入れた。

 那須は「小さい頃から嵐さん大好きで、母から『櫻井くんが通っている学校はお城のような学校だ』と小学生の時に言われて、中学受験をして」と櫻井が慶応幼稚舎から慶応中学、慶応高校、慶応大学への進んでいることから、「学校に行くために1日16時間勉強した。その学校に行くんだと教育されてきたので。(慶応中学に)受かった」と明かし、櫻井好きが高じて、猛勉強で晴れて櫻井の後輩になれたことなどを明かした。

 櫻井と食事に行った際、「ジュニアを続ける期間を決めておけ」とアドバイスを受けたという那須。「その時は就職するぐらいまでにデビューできなかったら辞めようと思ってました…」としつつも「今はやり続けようと思っている」とも語った。

 そんな那須に、中居は「(櫻井と食事に)俺も行ったことないのに…。入って33年ぐらいたつけど、1回も行ったことない」と茶々を入れ、笑わせる場面もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月25日のニュース