不倫報道から2日…唐田えりか、ドラマ出演自粛「病室で念仏…」登場シーンカット

[ 2020年1月25日 05:30 ]

女優の唐田えりか
Photo By スポニチ

 俳優の東出昌大(31)との不倫が明らかになった女優の唐田えりか(22)が24日、TBSの連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜後10・00)の出演を自粛したことが分かった。事務所はこの日夜、公式ホームページで「今回お騒がせしてしまった報道を受け、反省をし、検討した結果、出演を自粛させていただくという結論に至りました」とした。

 「病室で…」は伊藤英明(44)演じる僧侶で救命救急医が主人公のヒューマンドラマ。唐田は病棟のクラーク役だった。関係者によると、24日放送分の唐田の登場シーンは「物語の展開には影響しない場面だった」といい、カットして放送。撮影済みの3、4話も同様の編集をする。

 TBS広報部は「出演を自粛させていただきたいと申し入れがありましたので、受け入れさせていただきました」とコメント。代役など今後の対応については「回答を控えさせていただく」とした。関係者は「5話以降、代役を立てず役そのものを作品からなくす可能性もある」とした。

 唐田と東出は18年9月公開の映画「寝ても覚めても」で共演し親密な関係に発展。今回の不倫問題が発端となり、東出は妻で女優の杏(33)と今月上旬から別居し、離婚の危機を迎えている。

 ファッション誌「MORE」(集英社)のホームページのモデル一覧からも唐田の名前が消え、インスタグラムはこの日、閲覧不可能になった。NHKBSプレミアムのドラマ「金魚姫」(3月29日後9・00)については同局が「放送予定に変更はありません」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月25日のニュース