岡村隆史、交通事故被害の女性を介抱「キーー、ドーン!って音が、女の人が道路に倒れていて…」

[ 2020年1月25日 20:12 ]

ナインティナインの岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史(49)が23日深夜放送のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。目の前で交通事故に遭った女性を介抱したことを告白した。

 同番組の前夜、買い物を終えて食事をしようと路上でタクシーを待っていた岡村の耳に、車の急ブレーキ音が聞こえたそう。「キーー、ドーン!って音がしたんですよ。何や!?って思っていたら、女の人が道路に倒れていて。うわーって思って。車が横に止まっていて」と状況を振り返った。

 倒れていた女性の元にすぐに駆け寄った岡村。女性が手に持っていた携帯電話はバキバキに割れていたといい、「大丈夫ですか?」と声をかけたところ、「『ごめんなさい』って言いはったんですよ、僕に。『歯が折れちゃった』って、歯は治せますから、大丈夫ですかって言って。女性の方だから歯が気になったんでしょうけど」と語った。

 現場は道路のど真ん中で、交通量も多かったという。女性から「とりあえず端っこに」と声をかけられた岡村は、「これ今、動かさないほうがいいかも、もしかして頭打っているかも分かりませんので、って言うたけど」。歩行可能か確認した上で、別の介抱者とともに女性を抱えて、道路脇へ移動させた。「女性の顔面が真っ青でしたけど。歩けるくらいでしたから大丈夫やったと思うんですけど」と心配そうに話した。

 その後、「前にいた人が僕に気づきはったか分からないですけど、ここはもう大丈夫ですよ。任せてくださいって言った」ため、現場を後に。「一緒にいた人が言っていたんですけども、おそらく信号が赤やったと、渡る方の。多分、スマホ見てはったんやろうし、そのまま走って渡ったっぽいんですよ。それで車がそのままドーンって当たったっぽいんですけど」と明かした。

 事故の状況を生々しく話した岡村は、「ああいうの見たら心臓がバクバクしだして。あんな音すんねんな思って、キーー、ドーン!っていうて」と吐露。周囲がすぐに介抱にあたったことにも触れ、「それなりに周りの人が協力してやってくれはったから多分、命には別状なかったと思いますけど。目の前で見たのは初めてに近かったですから」と、その衝撃を語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月25日のニュース