トンプソン、RGのリーチ主将モノマネ絶賛「思わず“キャプテン、こんにちは”と…」

[ 2019年11月21日 20:08 ]

ブラックフライデー開幕イベント説明会に出席した(左から)大西将太郎氏、トンプソン・ルーク、レイザーラモンRG
Photo By スポニチ

 「イオン ブラックフライデー セール」の先行開催が21日、東京・品川のイオンスタイル品川シーサイドで行われ、記念イベントとしてラグビーW杯で日本の8強入りに貢献したトンプソン・ルーク(38=近鉄)、元日本代表の大西将太郎氏(41)、お笑い芸人のレイザーラモンRG(45)がトークショーを行った。

 ブラックフライデーにちなんで、トンプソンが日本代表の黒の公式スーツ、大西氏が黒のジャケットを着用していたのに対し、RGだけは日本代表主将のリーチ・マイケルのものまねメイクと代表ジャージー姿といういでたちで登場。トンプソンが「さっき控え室で会ったらあまりに似ていたので、思わず『キャプテン、こんにちは』と挨拶しちゃった」と、RGのものまねの仕上がりぶりを絶賛するというやりとりでイベントがスタートした。

 RGによれば、リーチ主将のものまねは4年前から始めていたとのこと。当時はほとんど注目を浴びなかったが、今秋のラグビーW杯の盛り上がりを受けてオファーが激増。今や引っ張りだこで「明日は別々のイベントで1日に2回、リーチ主将をやることになってるんです」とうれしい悲鳴を上げていた。

 続いて司会者に「ブラックフライデーあるある」を求められたRGは、待ってましたとばかりに「ダウンジャケット安くなりがち~」と返したものの、会場の反応はイマイチ。だが持ち前のハートの強さを発揮して「テレビカメラも入っているので、盛り上がってください」と懇願し、やり直しの2回目で大きな拍手をもらうと「みなさんと『ONE TEAM』になれましたね」とドヤ顔を見せた。

 そのセール品の激安ダウンをRGとトンプソンが着込み、3人で野菜の袋詰め対決を行うなどした後、見物客と一緒にカウントダウンを行ってセールの開幕を祝っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月21日のニュース