羽鳥慎一アナ 「桜を見る会」の“アッキー”あいさつに「功労、功績のあった人が来る会のあいさつでは…」

[ 2019年11月21日 11:10 ]

羽鳥慎一アナ
Photo By スポニチ

 羽鳥慎一アナウンサー(48)が21日、司会を務めるテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。公費による首相主催の「桜を見る会」を巡り、招待者の推薦に関して安倍晋三首相枠は約1000人で、その中に昭恵夫人の推薦“アッキー枠”が含まれていたことや、野党から招待者名簿の請求があった当日に廃棄した理由をシュレッダーの順番待ちの結果としたことなど数々の“疑問点”に言及した。

 羽鳥アナは首相夫妻のあいさつに着目し「桜を見る会のあいさつで総理は“皆さんとともに政権を奪回してから7回目の桜を見る会”。昭恵さんは“これからも主人を応援していただくようにお願いします”と言っている。功労、功績のあった人が来る会のあいさつではないんじゃないかなと思います」と指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月21日のニュース