未来のLinQ新メンバーを選出!「IQプロジェクト新人オーディション」開催へ

[ 2019年11月21日 05:30 ]

ジョブ・ネットが開催する「IQプロジェクト新人オーディション 2020」
Photo By 提供写真

 LinQを運営する株式会社ジョブ・ネットが「IQプロジェクト新人オーディション 2020」を開催することが分かった。未来のLinQ新メンバー、エンターテインメント集団「トキヲイキル」のライブに特化したユニットメンバー。IQプロジェクトとディアステージがコラボした福岡と東京を拠点とする「東福合同ユニット」のメンバーを20年夏ごろまでに選出予定だ。

 「IQプロジェクト」はエンターテインメント活動を通して自己の可能性を九州から全国に発信するプロジェクト。初オーディションは18年で、九州各県から500人を超える応募があった。ここから現LinQメンバーの涼本理央那(17)、金子みゆ(16)が発掘された。同時に「IQプロジェクト」の研究生で結成された新グループ「HelloYouth(ハローユース)」はサウンドプロデューサーに175Rのベーシスト・ISAKICKを迎え、オーディション合格から約半年でデビューを飾った。以後も随時募集はしていたが、令和では初の大々的開催だ。

 今回は未来のLinQの新メンバー、舞台を中心にライブも行う「トキヲイキル」のライブに特化したメンバーも募集。さらに新たな試みとして、東京の芸能事務所、ディアステージとコラボした「東福合同ユニット」も募集する。

 ディアステージは、6人組アイドルグループ「でんぱ組.inc」や“虹コン”の愛称で知られる「虹のコンキスタドール」などが所属。トキヲイキルとは合同公演を行った経験がある。LinQの1期生でトキヲイキルの原直子(30)は「全然今までと違うカラーの公演になったから、異色のグループになると思う」と楽しみにしていた。

 原がオーディションを受けたのは今から9年前。当時、大学4年生で就職活動中だった。「芸能に興味があったけど、周りにそんな子が全然いなかった」。新聞を読み、存在を知って受けたオーディション会場で衝撃を受けた。「同じ夢を持っている人がいっぱいいたんです。自分の夢って、語っていいんだと思って。どうなんだろう?と思う人にも、勇気を持ってチャレンジしてもらいたいですね」とエールを送った。

 同じく1期生でLinQのリーダー、吉川千愛(25)は芸能活動だけでなく「いい出会いがプラスにあると思う。絆というか、いろいろ勉強できる」と経験を話し、高木悠未(22)は「ここで夢が見つかるかもしれない」とメッセージをくれた。

 メンバーは審査を経て、2020年夏ごろまでに選出される予定。九州から新たなスター誕生!が期待される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月21日のニュース