ゆきぽよ 足が臭すぎて…居酒屋の座敷にブーツで 共演者からは「どういうこと?」

[ 2019年11月21日 11:39 ]

モデルでタレントのゆきぽよ
Photo By スポニチ

 モデルの「ゆきぽよ」こと木村有希(23)が20日放送のフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」(水曜後9・00)の2時間スペシャルに出演。足が臭すぎるという悩みを告白した。

 この日は「集団人生相談」のコーナーで、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(35)お笑いコンビ「おかずクラブ」のゆいP(33)、タレントの井上咲楽(20)、水野裕子(37)、アイドルの鍛治島彩(20)とともに「足が臭くてブーツを脱げない女子」として悩みを相談した。

 ゆきぽよは「日本の女の子たちはみんな言わないだけでみんな臭い、絶対」とキッパリ。「足臭いって居酒屋の座敷の席に上がれないんですよ。この間、食べに行った時に座敷の席で、どうしようと思ったら、同じ足クサ仲間が店員さんに『足のニオイが気になるんで靴のまま上がっていいですか?』って確認したら『オーケー』って言ってくれたから、靴のまま座敷に上がらせてもらいました」と驚きの告白。これにはスタジオからも「どういうこと?」と疑問の声が上がった。

 そんな中、井上が「実家に住んでいた時に私だけ洗濯機で靴下を洗わせてもらえなかったんです。私だけ洗濯板で洗ってました」と悲しい告白。それでも、ゆきぽよも「わかる!」とまさかの同意。「ゆきも家に靴を入れてもらえなかった。その時から10足ぐらいは持っているんですけど、全部臭すぎて、ゆき用の靴の箱を作ってもらって…。玄関の外に靴を脱いで、玄関の外にしまって、家に入るみたいな…」と専用の下駄箱が用意されていたことを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月21日のニュース