渡辺謙 長野県に住民票を移した 還暦記念パーティーで明かす

[ 2019年11月15日 06:15 ]

熱のこもったステージを披露する渡辺謙(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 俳優の渡辺謙(60)が14日、東京・南青山のライブレストラン「ブルーノート東京」で還暦を記念したパーティーを開いた。

 感謝の思いを伝えたいと自ら企画し、役者仲間や関係者ら約200人を招待。ディナーショー形式で井上陽水(71)の「心もよう」など7曲を歌った。長女で女優の杏(33)は子供3人を連れて駆け付け「じーじー!」の掛け声も飛んだ。

 渡辺はディナーショー初挑戦。本番前は「緊張する」と話しながら、軽妙なトークと力強い歌声を披露。10月21日に誕生日を迎え、60代に突入したが「精神年齢は40歳ぐらい。もう少し頑張りたい」と話した。

 別荘がある長野県に住民票を移したことも明かした。堺正章(73)佐藤浩市(58)柄本明(71)豊川悦司(57)らが出席した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月15日のニュース