久保九段、陥落も前向く「来期のリーグ戦に向けて、精いっぱい次局も」

[ 2019年11月15日 05:30 ]

第69期大阪王将杯王将戦の挑戦者決定リーグで、藤井聡太七段(左)に敗れた前王将の久保利明九段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が14日、大阪市の関西将棋会館で指された第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦で久保利明九段(44)を157手で破り、初の8大タイトル挑戦に王手をかけた。19日の最終対局で、4勝1敗の暫定トップで並ぶ広瀬章人竜王(32)との直接対局に勝てば、屋敷伸之九段(47)が持つ挑戦者の最年少記録(17歳10カ月)を更新する。

 敗れた前王将の久保は「手順も決まっているので…」と準備していた四間飛車で出だしから果敢に攻めようとしたが「途中、難しくなってしまった」と反省。これでリーグ戦から陥落が決まってしまったが「来期のリーグ戦もある。そこに向けて、精いっぱい(残る1局の)次局も指したい」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月15日のニュース