キスマイ、9年目で悲願の紅白初出場!「ワンチームで臨みたい」

[ 2019年11月15日 05:30 ]

<第70回NHK紅白歌合戦出場歌手発表記者会見>紅白へ向け意気込むKis-My-Ft2(前列左から)北山宏光、玉森裕太、藤ヶ谷太輔(後列左から)横尾渉、千賀健永、宮田俊哉、二階堂高嗣(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 NHKは14日、大みそかに放送する「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の出場歌手計41組を発表した。初出場歌手の会見が東京・渋谷の同局で行われ「Kis―My―Ft2」が「ワンチームで臨みたい」と今年大活躍したラグビーW杯日本代表にちなんで抱負を語った。

 CDデビュー9年目で初の大舞台となるKis―My―Ft2。紅白では26年ぶりとなるローラースケートのパフォーマンスでNHKホールを駆け回ることを誓った。

 7月に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)の「ユーたち、ローラースケート履ける?」という言葉で集められた7人。光GENJIが最後に出演した1993年以来のパフォーマンスについて北山宏光(34)は「自分たちが与えられた物としてローラースケートがある。それを出しながら自分たちにしかできないパフォーマンス、音楽をしたい」と意気込んだ。

 7人にアイドルとしての生を授けたジャニーさんが亡くなってから初めての紅白。北山は「本当は見てもらいたかった」と無念さをにじませつつ「Kis―My―Ft2というグループ、“ワンチーム”をつくってくれた。社長に感謝を込めてパフォーマンスをしたい」と語った。

 初出場の選出は、7年目に突入しているフジテレビ「キスマイ超BUSAIKU!?」など、バラエティーの豊富な経験も評価された。“ワンチーム”に絡め、ラグビー日本代表キャプテンのリーチ・マイケル(31)は7人の中で誰かとの問いに宮田俊哉(31)が立候補。「共通点があるんです。同い年。以上です!」と、バラエティーで鍛えたテンポの良さを披露。ワンチームで国民的番組の盛り上げ役となる期待を高めた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月15日のニュース