たけし事務所「不当提訴」…元運転手がパワハラ損害賠償

[ 2019年11月15日 05:30 ]

タレントのビートたけし
Photo By スポニチ

 タレントのビートたけし(72)の所属事務所「T.Nゴン」が14日、マスコミ各社にファクスを送信し、たけしの元弟子で運転手がパワハラを受けたとして同社と役員を相手に1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した件について「不当提訴」とした。

 元運転手は、役員であるたけしのパートナー女性のパワハラによって自律神経失調症を患ったとして提訴し、この日発売の「週刊新潮」で告白。役員がパワハラを行うなどしたとの内容の報道について「T.Nゴン」は「いずれも事実に反する」と否定した。

 また、元運転手について「公表は差し控えるものの、さまざまな問題行動があり、これを度々指摘していたところ、最終的には自ら弟子を辞める道を選択された」とし「このような状況下で高額の損害賠償を求める提訴をみて、理解に苦しんでおります」と主張した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月15日のニュース