藤井七段 初の8大タイトル最年少挑戦に王手!王将戦挑戦者決定L、久保九段撃破

[ 2019年11月15日 05:30 ]

第69期大阪王将杯王将戦の挑戦者決定リーグで、前王将の久保利明九段(右)に勝利し、会見する藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が14日、大阪市の関西将棋会館で指された第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦で久保利明九段(44)を157手で破り、初の8大タイトル挑戦に王手をかけた。19日の最終対局で、4勝1敗の暫定トップで並ぶ広瀬章人竜王(32)との直接対局に勝てば、屋敷伸之九段(47)が持つ挑戦者の最年少記録(17歳10カ月)を更新する。

 まだあどけなかった中学2年秋のプロ入りから約3年。数々の記録や優勝などの実績を積み重ね、すっかり大人びた顔立ちに成長した高校2年の天才棋士が、どうしても届かなかった夢実現まであと1勝についに迫った。昨年の王将戦は1次予選3回戦で涙をのんでいた。

 普段は対局後も冷静だが、さすがにワクワクが隠せない。「今まであと1勝というところまで来たことはなかった。その状況になったことはうれしい」と素直に喜んだ。

 苦手にしてきた振り飛車党の実力者に、過去3敗を喫した“必殺”の四間飛車をこの日も繰り出されたが、想定内だったのだろう。

 序盤から優勢に立って113手目、満を持して馬切りで相手の王に迫り、その後の激しい攻め合いもノーミスでつなぐ。敗れれば挑戦権獲得に黄信号がともる一局を、最後は鮮やかに寄せ切った。

 思い起こせばリーグ戦2戦目で敗れた豊島将之名人戦。先に1分将棋に追い込まれたが粘りに粘って接戦に持ち込み、最後は171手で力尽きたものの「足りないところが出た。これからそこを改善していければ」と敗因を冷静に分析。その後の2戦を圧勝してこの日につなげた。

 当初はタイトル保持者、A級棋士ぞろいの中に入って苦戦必至とみる向きもあった。だが、そこで激しくもまれたこの1カ月で大きな成長曲線を描いたことを、図らずも証明。本人も「トップ棋士と対戦を重ねたことで、自分自身に新たな発見もあった」と認める。

 これであとは勝つか負けるかの一発勝負。相手の広瀬については「終盤が非常に鋭い」と分析する。勝てば7月19日生まれの藤井は屋敷が1989年の棋聖戦で打ち立てたタイトル挑戦者の最年少記録を、17歳5カ月で更新することになるが、「意識する必要はないので普段通りに指したい」と淡々とした。

 3年かけて熟成した経験と努力の実が結ぶときがついにきた。

 ≪勝負メシはハンバーグ≫藤井は“勝負メシ”で、会館の入るビル内の洋食店「イレブン」が休みとなる木曜日限定で頼める、近所の割ぽう「内山田」のプレミアム和牛100%ハンバーグ弁当(1000円)=写真=を選択した。肉厚ハンバーグが入ったがっつり系で時々頼んでいる。この日は「粘りのアーティスト」と評される久保との対局だったためか、終盤に備え、スタミナ補強を狙った可能性がありそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月15日のニュース