剛力彩芽 前澤氏と破局の理由 女性関係で“愛想尽かした”

[ 2019年11月13日 05:33 ]

剛力彩芽(左)と前澤友作氏
Photo By スポニチ

 交際していた女優の剛力彩芽(27)と、衣料通販サイトを運営する「ZOZO」の創業者で現スタートトゥデイ社長の前澤友作氏(43)が破局していたことが12日、分かった。剛力の所属事務所が「事実です」と認めた。関係者は「数カ月前から互いの気持ちが冷めていたのは事実。一時は修復したものの今月頭には別れていた」と話した。

 2人の知人は破局原因について「前澤さんの女遊びと聞いてます。変わらない姿に剛力さんが愛想を尽かした。結婚はしていないし慰謝料もない」と明かした。事務所側は破局時期や原因に関しては「プライベートは本人に任せています」と明らかにしていない。

 2人の交際は2018年4月に発覚。以降は前澤氏の行く先々に剛力が同行する姿が見られるようになった。同7月にはサッカーW杯の決勝観戦のためプライベートジェットでロシア入り。パリでは2人でファッションショーを見るなど、オープンな交際を続けてきた。

 剛力が前澤氏との恋に走った結果、事務所や仕事先との関係性も悪化。家族との間にも大きな溝が生まれてしまった。知人は「自分の築いたモノを捨ててまで、前澤氏との生活を優先した。だが女遊びは一向に変わらず、気持ちが保てなくなったのでは」と思いやった。また別の知人は「ゴルフのラウンド中に剛力さんがプレーでミスをすると、前澤さんが“おまえ、今すぐ帰れ!”と言い放つこともあった。同伴者はその様子に心を痛めていた」という。

 前澤氏は今年9月、ZOZOをヤフーに売却した。前澤氏の周囲は「仕事の状況が感情に出るタイプ。売却の時期など仕事でうまくいかないことがあると、彼女に当たることもあったのでは。その影響はあったと思います」と明かした。

 最優先してきた恋人を失った今、剛力は正念場を迎える。芸能関係者は「これから全てを捨てた代償を払うことになる。主演を数多く務めたが、すぐにはそのポジションに戻れないだろう」と話した。来年早々に舞台出演が決まっており、破局後の“初仕事”となるもよう。今後の生き方にも注目が集まる。

 【剛力と前澤氏のこれまで】
 ▼18年4月 交際発覚
 ▼同 剛力がインスタグラムで交際を認める
 ▼7月 プライベートジェットでサッカーW杯ロシア大会決勝を日帰り観戦
 ▼同 剛力が交際への批判を受けインスタグラムの投稿を全て削除
 ▼9月 前澤氏が米ロサンゼルスで月旅行計画の会見に出席。剛力も同席
 ▼同 パリのファッションショーに来場
 ▼19年1月 前澤氏がツイッターのプロフィルを更新。「剛力彩芽さんが彼女」と記す
 ▼7月 英ロンドンでウィンブルドン決勝を観戦
 ▼9月 前澤氏が、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの株式をヤフーに売却。代表取締役社長を辞任
 ▼10月 前澤氏が新会社「スタートトゥデイ」を設立
 ▼同 前澤氏が大会名誉会長として関わった「ZOZOチャンピオンシップ」が開催。剛力も観戦

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月13日のニュース