爆問・太田「27時間テレビ」で暴走…さんまに言われた「一番傷ついた言葉」とは

[ 2019年11月13日 12:33 ]

「爆笑問題」の太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(54)が12日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演。2日から3日にかけて放送された「FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!」(フジテレビ系)出演時に明石家さんま(64)に言われた「一番傷ついた言葉」を明かした。

 この日は「27時間…」で共演したお笑いコンビ「鬼越トマホーク」がゲスト出演。当日の生放送で太田は、先輩後輩構うことなくキレまくる「鬼越トマホーク」の芸を潰し暴走を繰り返していたが、この日は、鬼越・金ちゃん(34)が「さんまさんがガチで太田さんのこと怒ってたじゃないですか、『お前、ホンマに今、出んでエエねん』みたいなことをガチで言ってたじゃないですか」と振り返り、さらに、その後の太田の変化として「あれからちょっとおとなしくなったなって思ったんですけど」と指摘した。

 これを受け、太田は「確かに」と認めつつ、続けて「あのね、一番俺が傷ついたのは、『お前、コンマ2秒早いねん』って」と、自身が静まるきっかけとなった、さんまの一言を告白。これには、相方の田中裕二(54)も笑いながら、納得したような口調で「さんまさんのダメ出しは効くんだよ。俺も昔、『ツッコミ早い』って言われたことあるし」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月13日のニュース