大鶴義丹、剛力彩芽と破局の前澤氏に「SNSの使い方が下手だった。金満の見せ方が」

[ 2019年11月13日 21:41 ]

俳優の大鶴義丹
Photo By スポニチ

 俳優の大鶴義丹(51)が13日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演。交際していた女優の剛力彩芽(27)と、衣料通販サイトを運営する「ZOZO」の創業者で現スタートトゥデイ社長の前澤友作氏(43)が破局していたことについて言及した。

 剛力の所属事務所は「事実です」と認め、関係者は「数カ月前から互いの気持ちが冷めていたのは事実。一時は修復したものの今月頭には別れていた」と話している。剛力はテレビ大阪制作の「抱かれたい12人の女たち」(土曜深夜1・26)で1年半ぶりにドラマ出演することが決まっている。

 番組に出演した女優の遠野なぎこ(39)は「剛力さんはドラマに復帰すると決まっていたわけだから、この時期の破局報道になったのは、まあ…」とコメント。

 義丹は「SNSの使い方が下手だったんじゃないかなと。見せ方が」といい「金満を見せてはいけないんだよね。金満の見せ方が下手。結果的に(投稿内容が)金満でもいいんだけど、見せ方がね」と指摘した。

 遠野は「結婚しない主義の男性に対して、若い女の子は“自分が(交際相手の主義を)変えられる”と思いがちなんですよね」と持論を展開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月13日のニュース