中居正広 西川貴教からCM中の“裏の顔”暴露され…

[ 2019年9月1日 13:57 ]

西川貴教
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が1日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。「T.M.Revolution」こと歌手の西川貴教(48)から大型音楽特番での司会での“裏の顔”を暴露され、CM中のカウントは「サン、二ー、イチ、いい人!」とぶっちゃけ、驚かせた。

 フジテレビの久代萌美アナウンサー(29)が同番組で「ダウンタウン」の松本人志(55)への“暴言”で炎上した件についてトークをする中、番組MCの東野幸治(52)が「中居さんはアイドルですけど、バラエティーの司会の先駆け。アイドルだけど言えるところとかのさじ加減とか(ある?)」と聞くと、松本が「うまいやろ、ずるいやろ」と中居の立ち回りのうまさを悔しがった。

 東野も「TBSの長い歌番組で見たことない顔してる」と指摘すると、松本は再び「なんなん、ずるいわ」と不満顔を見せた。

 それに、中居は「あれは芝居ですから」とキッパリ。「芝居なんですよ。変な話、司会役みたいな感じです。紅白とかも。自分があんなのじゃないのは分かってますから。ちゃんとした司会役!って感じです」とあくまでも司会という役を演じていると主張。逆に、お笑いタレントが多く出演するバラエティー番組では「ずっとウキウキしてます」と番組によって顔を使い分けているとした。

 そんな中居に対し、西川は「確かに、CM中はひどいですよ。CM中の毒づき方がえらいから」と暴露。元HKT48の指原莉乃(26)も「私も感じたことあります」と明かした。

 中居は「オンエアされないわけじゃないですか。お客さんの悪口言おうが、何を言おうが…」とニヤリ。西川は「俺みたいな話せる人間が来るときはだいぶ砕けて…。オンエア中のしっかりした感じとの緩急がすごいの」と明かすと、中居は「サン、二ー、イチで本番だもん。サン、二ー、イチ、いい人。(カウントダウンは)いい人まで5秒前ですから。ちゃんとする5秒前」とぶっちゃけ。これには、松本や指原も「そこまで言っちゃっていいの?」と驚きの声を上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月1日のニュース