MIYAVIタトゥーをネタに、爆問・太田「反社」

[ 2019年9月1日 10:16 ]

爆笑問題の太田光
Photo By スポニチ

 世界的に活動するロックギタリストのMIYAVI(37)が1日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に初出演した。

 体中のタトゥーを見せながら激しくギターを弾きまくるプレイスタイルとは対照的なスーツ姿。日韓関係の悪化を特集する番組冒頭で、MCで爆笑問題の太田光(54)が、「まったく肌を露出していない格好しているけど、それは韓国に気を使って?」とボケると、スタジオ中も大爆笑。MIYAVIも笑いながら否定した後、太田を指して「楽屋入った瞬間に『反社、反社』って言われました」と、タトゥーをネタに反社会勢力だとイジられたことを明かした。

 日韓問題については、「僕自身が祖父母が韓国出身で、自分自身は日本で生まれて。日本人として世界中を回っているんですけど。ミュージシャンとして韓国にもよく行くんですね」と立場を紹介。「韓国にもファンの方がいて、みんな日本のこと大好きですし、日本の人も韓国の文化がすごく好きな人がたくさんいるので。個人的にもお互いが精魂込めて理解する姿勢をもって、大きな視野をもってアジアの同胞として新しい日韓関係を築いてほしいなと強く思います」と真摯に語った。

 8月28日には、横浜市で開かれたアフリカ開発会議(TICAD)歓迎レセプションに国連UNHCR親善大使として招かれて演奏。この時撮影した河野太郎外相とのツーショット写真をツイッターなどで紹介したところ、韓国のファンからは「なぜ、この人を支持しているんだ」などの声が多く寄せられたという。

 「僕自身は政治と音楽、違うアプローチができると思うし、政治とは切り離した形で、文化で。音楽、スポーツ、アート…文化が懸け橋になる可能性を感じているので、そこを僕らミュージシャンはやっていきたいと思います」と、政治とは対照的な日韓関係を目指す考えを示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月1日のニュース