EXIT兼近 映画PRも「内容がほぼ入ってきませんでした」「テキトーに楽しんで!」

[ 2019年9月1日 16:03 ]

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の試写会イベントに出席した、お笑いコンビ「EXIT」の(左から)りんたろー。と兼近大樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「EXIT」が1日、都内で行われた、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の試写会イベントに出席。チャラ男キャラで映画をPRし爆笑を誘った。

 この日、イベントでは漫才を披露した後、映画の感想とともに、「人間失格」「ダメ男」「恋」「スキャンダル」など、同作に関連するキーワードでトークを展開。

 兼近大樹(28)は映画の感想を「いと、頭悪し(というキャラ)でやらせてもらっているので、内容がほぼ入ってきませんでした」と話し「絵はきれいでしたね。風車がクルクルクルって鳴るところがあるんですけど、めちゃくちゃ面白かった」とコメント。すかさず、りんたろー。(33)から「やば!感想アホ過ぎない!?」と突っ込まれて会場も笑いに包まれた。

 また、映画のタイトルにちなんで「自分が“人間失格”だと思ったことは?」という質問を投げかけられた兼近。「そもそも、大会とかに出てないんですよ。だから、合格とか失格とかないなと思って。普通に生きているので、失格になることもないですし、べつに合格されることもない、普通の人です」と話し「“人間大会”みたいなのに出てないから。俺は俺でやっているから勝手に失格にしないでくれ。でも、合格と言われても“人間大会”に参加してないから、その合格はいただけませんよってなる」と“チャラ男風”に言い放つと、りんたろー。からは「掘ってみるといい話なんだよな」と言われ、会場を笑いに誘った。

 最後は兼近が「よく分からないかもしれませんが、テキトーに楽しんじゃってください!太宰を愛しちゃってください!」とPRし会場内を爆笑させた。

 同作は、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を映画化。主人公・太宰治を俳優の小栗旬(36)、太宰の正妻・美知子を女優の宮沢りえ(46)、作家志望の愛人・静子を沢尻エリカ(33)、最後の女・富栄を二階堂ふみ(24)が演じる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月1日のニュース