CHAGE「後悔してないよ」 ASKA脱退表明後初の公の場で前向きに言及

[ 2019年9月1日 05:30 ]

ASKA脱退についてファンに語ったCHAGE
Photo By 提供写真

 歌手のCHAGE(61)が31日、名古屋市内のライブハウスでソロツアーをスタートした。

 「CHAGE and ASKA」の相方ASKA(61)が25日にユニット脱退を発表して以降、初の公の場。脱退劇に言及し「残念だけど後悔してないよ」とファンに努めて前向きに語った。「いいこともあったじゃない?そしてつらいことも」とユニットの愛憎を織り交ぜつつ「でもCHAGE and ASKAがなければ今ここに立っていません」と強調。「あきらめのBlue Day」などチャゲアスの楽曲も演奏した。

 09年に無期限活動休止を発表したチャゲアス。14年にはASKAが事件で逮捕、有罪判決を受けた。復活を望むファンの声を重視し、CHAGEは再結成に向け動き続けたが、当初から解散の意向があったASKAは応じず、2人はすれ違いが続いていた。

 CHAGEが本格的に再始動打診を始めたのはASKAの執行猶予が明けた昨年9月。CHAGEがこの年のライブを完走した時期と重なる。脱退発表後、ツアーのリハーサルをこなしつつも落胆は隠せなかったといい関係者は「本当は再始動を手土産にこの舞台に立ちたかったはず。後悔してないという言葉は断腸の思いだったのでは」と思いやった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月1日のニュース