中居正広 誕生日に一人ぼっちの甲子園生観戦「バレたくなかった」

[ 2019年9月1日 14:52 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が1日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。46歳の誕生日にした一人ぼっちの甲子園生観戦を回顧し、「バレたくなかった」と本音を明かした。

 番組では、野球のU18W杯の日本代表が2連勝している状況を報告。野球好きで知られる中居は「(大会について)詳しいことは分からないですけど」と前置きしたうえで、「甲子園の決勝は見ました?」と他の出演者に質問。番組MCの番組MCの東野幸治(52)が「見ました」と返すも、それ以外は無反応。「あーこんな感じですか…」とその感心の薄さに驚くと、「ダウンタウン」の松本人志(55)は「打ったり投げたりしてたね。暑い中みんなホンマに頑張ってたよ」と慌てて弁明した。

 そんな中、松本が「去年の誕生日、何してたか知ってる?」と投げかけた質問に、東野は「芸能人の友達集めてパーティーとか?」と回答。松本は「普通そうでしょ?」と答えつつ、中居に「何してたの?」と再び質問。中居は「去年は準々決勝、一人で。4試合、朝から見て。一人で飲んで食べて、ダブルスクイズのやつです。あれ、見てました、現場で」と明かした。

 ゲストのタレントの指原莉乃(26)や歌手の西川貴教(48)から驚きの声が出る中、松本も「そんな誕生日ある?」とあきれ顔。中居は「だから、バレたくなかったです」と本音をポロリ。メガネで変装はしていたようだが、「たぶん屋外、甲子園って、メガネかけててもまぶしいからそんなに目立つわけではないので」と苦笑。年齢的には自身の子どもでもおかしくない高校生たちの試合にも父親目線で見るのではなく、「自分がプレーしてる感じですかね」と目を輝かせた。

 そんな中居に、指原は「中居さんて、あんまり物事に感動しなさそう。感動するのかなと思って…」と指摘。西川も「心がカッチカチだから」と同意すると、中居は突然の2人からの言葉に「急になんだよ!」と口を尖らせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月1日のニュース