トルコから帰国の三瓶 今後はずっと日本に!?「永久に居ようと…」

[ 2019年8月23日 12:37 ]

三瓶
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の三瓶(42)が23日放送の日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に“天の声”として生出演。トルコから帰国した今後について語る場面があった。

 3月にサッカー日本代表DF長友佑都(32=ガラタサライ)の料理人見習いとなるため、トルコに移住するも、わずか2カ月で帰国していたことが明らかになった三瓶。“天の声”として「初めてで今ものすごく緊張しております」とあいさつすると、「ハリセンボン」の近藤春菜(36)から「わかった!天の声さん、おかえりなさい」と声をかけられた。「何のことかちょっとわからない…」ととぼけるも、番組MCの「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)からも「何でお前帰ってきたんだよ!」と痛烈なツッコミ。三瓶は「なんですか?」と困惑しつつも「細かいことはあとで楽屋でお話します。とりあえず、ホームシックということで…」と“弁明”した。

 コーナー中、加藤からは「ネットで見たよ。トルコから帰って来ちゃったって…」「何で帰ってきたんだよ」「何かあったの?何もないんだろ?」などと問いかけが続き、ゲストの「嵐」の相葉雅紀(37)からも「おかえりなさい」と声をかけられる場面も。相葉が下積み時代に先輩の滝沢秀明氏(37)の家に居候していたことなどを明かすと、「ちなみに、滝沢さんへの居候はどのぐらい?」と質問。相葉が「数カ月ぐらいは居候してました」と答えると、三瓶は「数カ月ってことは僕とまあまあ一緒ってことですね。トルコに行ってた“親友”がですけど、トルコに行ってたのが2カ月だったので。同じぐらいですね」と自虐した。

 三瓶は帰国の理由について「何もないんですけどね」とするも、今後については「(日本に)永久(とわ)に居ようと。ずっといようと思います」と明かし、自身のギャグ「さんぺぇです!」と披露し、コーナーを締めくくった。

 調理師免許を持つ三瓶は、長友の妻で女優の平愛梨(34)とも親交が深く、長友の食事のサポートをするため、ガラタサライの本拠地、トルコ・イスタンブールに移住していたが、17日に生放送された「土曜プレミアム・ENGEIグランドスラムLIVE」(後7・00)に「令和に生き残れなかったキャラ芸人」の一人として出演。ガラタサライのユニホームを着用し「今年、盟友 長友夫妻に帯同しトルコで料理人修行 だが、心が折れ2か月で帰国」とパネルで暴露された。お笑いコンビ、麒麟の川島明(40)が「しっかりとホームシックになり帰国されたという情報が入っております」と補足情報を伝えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月23日のニュース