池田エライザ初監督映画に高良健吾出演 主人公を導く教師役

[ 2019年8月23日 08:00 ]

池田エライザが初監督する映画「夏、至るころ」に出演する高良健吾
Photo By 提供写真

 モデルで女優の池田エライザ(23)が初監督を務める映画「夏、至るころ」に、俳優高良健吾(31)が出演することが決定した。

 福岡県田川市を舞台に、高3の男子2人が、不思議な少女に出会うひと夏の物語。高良は倫理の先生を演じる。主人公の翔(倉悠貴)に前へ進むためのヒントを投げかける重要な役どころだ。

 池田は「以前共演させていただいたときに、お芝居や映画への深いリスペクトと愛情を感じて、是非、この作品にも出演していただけないだろうかと思っておりました。高良さんの誠実さや心のあたたかさは、主人公の翔を導く小林先生にぴったりだと感じています。そしてこの作品を快く受けてくださったことに感謝しています」とコメントを寄せた。

 20日に田川市でクランクインし、撮影が続いている。来夏公開予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月23日のニュース