スリムクラブ M1優勝で真の謝罪を 紳助さん助言に決意

[ 2019年8月23日 06:00 ]

笑顔で再出発するスリムクラブの真栄田(左)と内間(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 【スポニチ本紙独占取材<上>】反社会的勢力との闇営業で吉本興業に無期限謹慎処分を受け、19日に復帰したスリムクラブが22日、スポニチ本紙の独占取材に応じ処分後初めて心中を語った。「吉本にも周りにも申し訳ない」と改めて謝罪。吉本のOBで元タレントの島田紳助さん(63)から「M―1グランプリで1番になれ」と励まされていたことを明かした。

 19日、東京・新宿の劇場「ルミネtheよしもと」でスリムクラブは再起した。真栄田賢(43)は「温かい声援、泣いてるお客さまもいた。そういう反応がくるとは思ってなくて、自分もちょっと泣きました」と振り返る。

 内間政成(43)は「ああいうことを起こした連中、と見られた時、どうしたらいいのかという思いはあった」と揺れていた。それを救ったのが「お帰り!」の声だった。

 暴力団関係者会合での闇営業が発覚。6月27日に処分を受けて以来、公に言葉を発する機会がなかった。ルミネで見せた復帰漫才は全編、不祥事をからめたネタ。「これが僕らの記者会見だという気持ちはあった」。それは原点である漫才に全てを懸け、出直す決意の表れだった。

 2010年のM―1グランプリで準優勝に輝いた。仕事も増えたが、結果を残さなければという思いがプレッシャーとなり、2人は絶えず不安にさいなまれていたという。

 謹慎中の8月初旬、紳助さんの兄弟子の島田洋七(69)に呼ばれた2人は、紳助さんの伝言を伝えられた。「おまえらM―1でここまで来たんやろ。それでその当時ほど、ネタをやってへんやろ。何となく声掛けられて満足してはアカン」

 2人は16年にもM―1決勝に進出したが、審査員の上沼恵美子(64)に酷評され8位にとどまった。真栄田は「ちょうど問題になった闇営業に行った年ですよ」と苦笑いしつつ「今思えば、焦りや不安が漫才に表れていた。それを見抜かれたんだと思う」と話す。

 伝言は続いた。「400番、500番の選手には言わん。おまえらが2倍、3倍稽古して、5倍、6倍ウケるようになったらまた使ってもらえるよ」。地力を見込めばこその叱咤(しった)だった。

 照準はすでに年末のM―1決勝。今は10月3日の1回戦に向けネタ作りの真っ最中だ。「こうなったからこそ年末はやらないと。心の底から面白いと言える、自分の内面から湧き出るような本音の漫才をやりたい」。M―1の2番から1番へ。真栄田は本当の意味での償いを期している。

 《真栄田 自分の内面と向き合えた》真栄田は「反社と知らずに行ったというのは分かってほしかった。だから会見もしたかったし、闇営業を仲介した人や、問題を報じた写真誌への悔しさしかなかった」と当初の心境を振り返る。だが、知人から「今回のことに感謝できたら人生次のステージに行ける」と助言され、吹っ切れたという。「悔しさと保身で会見しても成長はないことに気づけた。とことん自分の内面と向き合えたことに感謝している」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月23日のニュース