安藤サクラ演じる“東洋の魔女”をチュート徳井“鬼の大松”監督がしごく!「いだてん」新キャスト発表

[ 2019年8月23日 05:30 ]

(左から)浅野忠信、安藤サクラ、お笑いコンビ「チュートリアル」徳井義実
Photo By スポニチ

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の新キャストが22日、同局から発表され、俳優の浅野忠信(45)、チュートリアルの徳井義実(44)、女優の安藤サクラ(33)が出演することが決定した。3人は大河ドラマ初出演。徳井は“東洋の魔女”こと女子バレーボール日本代表の監督を、安藤はその主将を、それぞれ務める。

 64年の東京五輪で金メダルを獲得し、日本中に大ブームを巻き起こした“東洋の魔女”を2人が熱演する。主将の河西昌枝役として出演する安藤は、バレーボール経験はないものの実際にボールを使った演技に挑戦。元バレーボール選手の斎藤真由美氏(48)の指導のもと、回転レシーブなども披露する。

 一方、“鬼の大松”こと大松博文役を演じる徳井は、中学・高校時代にバレーボール部に所属していた。自ら選手たちに球出しをするなど、経験者の強みを生かして撮影に取り組んでいる。
 安藤は「せりふは多くないのですが、現場に行くとその一言に込められている熱量に驚かされ、東洋の魔女のすさまじい覚悟を感じながら撮影しています」とコメント。徳井も「あの日のバレーボール少年に、“おまえは将来、大松監督をやるんやぞ”って言ってあげたいです」と出演を喜んでいる。

 また浅野は、主演の阿部サダヲ(49)演じる田畑政治の前に立ちはだかる大物政治家、川島正次郎役。自民党幹事長や初のオリンピック担当大臣を歴任した人物で「粋でしたたかな二面性も魅力的で、自分に向いている役だと思っています」とした。3人は第41回(10月27日放送)から登場する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月23日のニュース