京アニ放火事件で「らき☆すた」武本康弘監督が死去 亡くなった35人のうち10人の身元公表

[ 2019年8月2日 15:39 ]

火災があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ
Photo By スポニチ

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、京都府警は2日、亡くなった35人のうち22~61歳の男女10人の身元を公表した。

 府警によると、兵庫県出身で人気アニメ「らき☆すた」の監督武本康弘さん(47)、広島県出身で人気アニメ「Free!」の総作画監督西屋太志さん(37)、ベテランアニメーター木上益治さん(61)ら。公表の10人については「遺族に実名発表を了承してもらった」としている。

 府警はDNA型鑑定などで35人全員の身元を特定。公表方法に関する遺族の意向や会社関係者の心情を考慮し、慎重に手続きを進めてきた。7月18日の発生から半月後の公表となる。

 府警によると、死者35人は20~60代の同社従業員とみられる。司法解剖の結果、死因は焼死26人、一酸化炭素中毒死4人、窒息死2人、全身やけど2人、不詳1人だった。このほか重軽傷者も33人おり、うち約10人が入院しているという。

 事件は7月18日午前10時半ごろ発生。青葉真司容疑者(41)がスタジオに侵入しガソリンをまき、火を付けたとされる。府警は事件直後に青葉容疑者の身柄を確保。これまでに死因不詳の1人を除く34人に対する殺人や現住建造物等放火などの疑いで、逮捕状を取っている。

 青葉容疑者は重いやけどを負い、大阪府内の病院に入院中で予断を許さない状態が続いている。

 氏名が公表された方

  宇田淳一さん(34)、大村勇貴さん(23)、笠間結花さん(22)、木上益治さん(61)、栗木亜美さん(30)、武本康弘さん(47)、津田幸恵さん(41)、西屋太志さん(37)、横田圭佑さん(34)、辺美希子さん(35)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月2日のニュース