「凪のお暇」マネしたくなる節約メシがSNSで話題「パン耳ポッキー」「ワンコインBBQ」

[ 2019年8月2日 10:00 ]

TBS金曜ドラマ「凪のお暇」に登場する“節約レシピ”に注目(C)TBS
Photo By 提供写真

 2日に第3話が放送されるTBSの金曜ドラマ「凪のお暇」(金曜後10・00)に登場する“凪メシ”が話題だ。

 初回平均視聴率10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の2桁発進となり、無料見逃し配信の再生数も同局ドラマの初回放送として最高の196万回超えを記録した、この夏注目の話題作。この作中に登場する、黒木華(29)演じる主人公の凪が作る“節約メシ”がSNSで話題を呼んでいる。

 月刊誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中のコナリミサト氏による同名漫画を原作とするラブコメディー。場の空気を読みすぎてしまうOL・大島凪が、仕事を辞めて彼氏や同僚との連絡も断ち、郊外のボロアパートで人生をリセットしようとする物語。

 今あるものを最大限に生かし、生活にうるおいをもたらすのが凪の得意技。第1話では、引っ越し先のボロアパートの隣人・ゴン(中村倫也)の部屋のベランダに実る熟しすぎたゴーヤの真っ赤な種「ラッキーゴーヤ」のおいしさを説き、「これって食べられるんだ!」と話題に。三田佳子(77)が演じる緑の「パンの耳チョコポッキー」は、番組公式サイトでレシピを掲載している。

 第2話でゴンと一緒に公園で楽しむ「ワンコインバーベキュー」もすぐに実戦できる。ツナ缶にマヨネーズとスライスチーズを乗せ、ガスバーナーに直接乗せて温め、食パンの上に乗せて食べるだけというお手軽さ。さらに隣人のうらら(白鳥玉季)には、味気ないビスケットに牛乳をかける「ミルクビスケット」を伝授する。

 この“凪メシ”に、SNSでは「凪のお暇で出てくる料理の料理本が欲しい…凪の節約術見習いたい…」「原作で見てた料理がリアルで出てくるの楽しい」「黒木華ちゃんはめちゃくちゃ美味しそうに食べる」と早くも話題沸騰だ。

 第1話で拾い物の扇風機を黄色く塗装したり、第2話では竹を切ってきて一人流しそうめんをしたりと、お金をかけずに自由気ままなシンプルライフを楽しむ凪。原作の漫画の中にも数多くのレシピが登場しており、第3話では漫画でもおなじみ「イワシのフリッター」を作るシーンが放送される。高橋一生演じる元カレ慎二と、怪しい雰囲気の隣人・ゴンとの恋路も気になるが、今後続々登場するオリジナルレシピからも目が離せない。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月2日のニュース