近藤春菜 休養の名倉に「ゆっくり自分のペースで戻っていただけたら」

[ 2019年8月2日 08:50 ]

「ハリセンボン」近藤春菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)が2日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(50)がうつ病のため約2カ月間、休養すると発表したことに言及した。

 名倉は昨年6月に頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術を受け、10日間休養。術後の経過は良好だったが、所属事務所は「手術の侵襲(しんしゅう)という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症しました」と説明。「侵襲」とは「体が傷つけられること」全般を指す。名倉は手術によって生じた体の反応にストレスを感じ続けてきたようだ。

 春菜は「いろんな要因が重なったのと、侵襲って私初めて聞いたんですけど、それによって不安にかられたりとか、うつになるんだなと」と話した上で、「こうやって名倉さんが発表することで、周りの方が理解できますし、ネプチューンさんてもう確立されてますから、お二人がこれから“2人ネプチューン”で頑張る、守っていくっていうことなんで名倉さん、戻る場所があるので安心してゆっくり自分のペースで戻っていただけたらと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月2日のニュース