YOSHIKI 京アニに1000万円寄付「日本の宝、世界の宝」「業界の垣根越えてサポートを」

[ 2019年8月2日 22:28 ]

「X JAPAN」のYOSHIKI
Photo By スポニチ

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、同社に1000万円を寄付した「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が2日、「YOSHIKI CHANNEL」に生出演。支援への思いを明かした。

 運営する米非営利公益法人「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じ、支援金の預かり専用口座に寄付。京アニとのつながりはないが、米国で日本アニメの影響力の大きさを日頃から実感しており「力になりたい」と支援した。

 YOSHIKIは事件を米ロサンゼルスで知ったといい「ニュースで流れていてびっくりしました。“えっ、何これ…”って。すぐにネットで調べて、自分に何かできないかと思った」と語った。

 「僕が寄付することで、京都アニメーションさんの寄付先が広まれば。みなさんも協力してくださると嬉しい。アメリカでも大きなニュースになっています。業界の垣根を越えてサポートしなければならないことだと思う。日本の宝、世界の宝がこういうことになっているので、金額の話ではなく、みんなでサポートすることが大切」と述べた。

 「僕はメンバーや父親が死んだ時に、どこかで自分が生きていることに罪悪感を感じていて。でも、今まで生きてきた意味があるんだと思っているし、人を救うことで自分も救われる」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月2日のニュース