加藤浩次 名倉の休養に「俺のこと心配している場合じゃないだろ」

[ 2019年8月2日 08:39 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が2日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に生出演。お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(50)がうつ病のため約2カ月間、休養すると発表したことに言及した。

 名倉は昨年6月に頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術を受け、10日間休養。術後の経過は良好だったが、所属事務所は「手術の侵襲(しんしゅう)という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症しました」と説明。「侵襲」とは「体が傷つけられること」全般を指す。名倉は手術によって生じた体の反応にストレスを感じ続けてきたようだ。

 加藤は「僕がちょっと吉本の問題とかいろいろあった時、先週、先々週、2週間前の時に、潤(名倉)からメールが来て“加藤、お前、大丈夫か”って。俺“大丈夫、大丈夫”って送って」とメールのやり取りを明かした。さらに「昨日この公表があって、潤に“お前、俺のこと心配している場合じゃないだろ、自分大丈夫か”って送ったら“ありがとう大丈夫だ”っていうふうなメール返ってきたんで、そのやり取りはできているんで、ちょっとずつでも良くなってしっかり治して現場に戻ってきて一緒にまた仕事したいなって思ってます」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月2日のニュース