元AKB48・伊豆田莉奈 タイの新グループCGM48移籍&劇場支配人就任「楽しみな気持ちでいっぱい」

[ 2019年7月11日 11:57 ]

CGM48に移籍し、劇場支配人に就任することが発表されたBNK48の伊豆田莉奈
Photo By 提供写真

 AKB48グループを運営するAKSは11日、タイ・バンコクに拠点を置くBNK48の日本人メンバー伊豆田莉奈(23)がチェンマイに新たに結成されるCGM48に移籍し、劇場支配人に就任することを発表した。アイドルも続けるため、伊豆田は二足のわらじで活動する。

 タイではバンコクを拠点とするBNK48がダイブレーク中で、「恋するフォーチュンクッキー」が国民的ヒット曲になるほど社会現象化した。その盛り上がりを受けて結成されるCGM48の舵取りを、伊豆田が任された形だ。

 「新しいグループCGM48に劇場支配人として関わることができるという、楽しみな気持ちでいっぱいです!国内に初めてできた姉妹グループなので、今勢いのあるBNK48とともに、CGM48はタイのチェンマイを拠点にタイのアイドル界を盛り上げていきたい」とコメント。チェンマイについては「さわやかで、自然がたくさんある温かいイメージを持っています」と印象を語り、「パフォーマンスを強化したクオリティーが高いチームにしていきます」と決意を明かした。

 CGM48は初期メンバーのオーディション応募を受付中。伊豆田とともに2期生のオームもBNK48から移籍し、キャプテンに就任することが決まった。

 「いずりな」の愛称を持つ伊豆田は10年、AKB48の10期生として加入。17年にBNK48へ移籍した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月11日のニュース