「SixTONES」京本大我、ジャニーさんに誓う「原石がいつの日か際限ない輝きを放つよう」

[ 2019年7月11日 16:39 ]

ジャニーズ事務所の社屋
Photo By スポニチ

 ジャニーズJr.のユニット「SixTONES(ストーンズ)」の京本大我(24)が11日、グループを代表し、ジャニーズ事務所を通じ、9日に亡くなったジャニー喜多川社長(享年87)を追悼するコメントを書面で発表した。

 コメント全文は以下の通り。

 ジャニーさんが倒れたと一報を受けた日から、SixTONES全員がほぼ毎日仕事の合間を縫ってジャニーさんに逢いに行きました。
 生死の狭間で必死に闘い続けるジャニーさんに、僕達はパワーを送り続け、そしてまた、SixTONESもパワーを貰っていました。
 本当にジャニーさんはどこまでも強い人です。
 ジャニーさんにこの華やかな世界へ導いて頂いてから十数年、僕たち6人一人一人がジャニーさんに褒めて頂いた長所を極め続け、その過程で6つの道は交わり、ジャニーさんにSixTONESという素敵な名前を付けて頂きました。
 僕達はこの運命、そしてジャニーさんとの素晴らしい日々に誇りを持ち、グループ名の由来でもあるこの原石がいつの日か際限ない輝きを放つよう、これからも突き進み続けます。
 ジャニーさん、僕達6人、SixTONESの果てしない旅をどうか見ていてください。
 そして、本当にありがとうございました。
 どうぞ安らかにお眠りください。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月11日のニュース