松本人志「興奮します」 家の中での独特なこだわり明かすも、共演者ら「線引きが分からない」

[ 2019年6月2日 14:13 ]

「ダウンタウン」松本人志
Photo By スポニチ

 「ダウンタウン」の松本人志(55)2日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演し、家の中での細かすぎるこわだりを明かした。

 番組では、視聴者から寄せられたトークテーマ「彼氏・彼女の1人暮らしの部屋にあるとドン引きするもの」について議論を交わした。無料でもらえる割りばしが大量に置かれている状況については「タダならいっぱいもらってくる、いやしさがにじみ出る」などの意見も挙がったが、「僕はむしろいいと思いますけどね」と松本。「だっさいなと思うんやけど、それで興奮しますね。なんかこの所帯じみた感じが」と独特の感性をにじませた。

 家の中でのこだわりについては「カーテンが(片方だけ)短いとか長いは嫌。そこはちゃんとしてほしい」。さらに「シャワーの出かたが“フレミングの法則”みたいになってるのは嫌」「テレビとビデオデッキのメーカーが違うのはちょっと嫌」とまくし立てた。MCの東野幸治(51)が「ビデオデッキの時間がずっと0(で点滅しているの)は?」と質問すると、松本は「あー!」と絶叫しながら「ちょっと興奮するな」。共演者から「線引きが分からない」と突っ込まれたが、「だらしないのは嫌、真面目で倹約はいい」と持論を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月2日のニュース