磯野貴理子「こんなに元気に」 離婚ネタを笑いに昇華「つば九郎にイジられるのは光栄」

[ 2019年6月2日 13:46 ]

ネットドラマ「つばめ刑事」完成披露舞台あいさつに参加した磯野貴理子とつば九郎
Photo By スポニチ

 先日、離婚を発表したタレントの磯野貴理子(55)が2日、都内で行われたネット配信ドラマ「つばめ刑事」完成披露舞台あいさつに出席。イベントでは、主演を務めたヤクルトのマスコットキャラクター「つば九郎」がフリップ芸で磯野の離婚ネタをイジりまくったが、磯野は「つば九郎にイジられるのは光栄!」と大歓迎で、笑いに昇華していた。

 つば九郎は「こんかい、こんなにマスコミのみなさんがあつまってくれたのも、ひとえにきりこさんが、かこみかいけん(囲み会見)をひっぱってくれたおかげでしょう」「せっかくきていただいたみなさんに、いそのさんどうぞ」と報道陣に向けてのあいさつを促した。

 磯野は大勢のカメラに対して「つい先日離婚しました。おかげさまでこんなに元気になって。つば九郎と一緒にドラマ宣伝させてもらっている」と笑顔で報告した。その後、つば九郎が独身となった磯野にハグしようと両手を広げた。「ハグしてくれるの?うれしい!」と駆け寄った磯野を寸前でかわし、会場を笑わせた。

 また、つば九郎が工藤綾乃(23)に「こんどやきとりいくのでいっしょにいきますか」と誘ったが、「私も!」と喜んだ磯野に「とうぶんひとりだ」と愛を込めてツッコミを入れていた。

 イベント後、報道陣が「傷は癒えたか」「心情はどうですか」など矢継ぎ早に質問するも、磯野はファンと握手するのみで応えることはなかった。

 ヤクルトのマスコットキャラクター「つば九郎」の俳優デビュー作品となる「つばめ刑事」は、とある事情により球団マスコットをクビとなったつば九郎が刑事として活躍する姿を描く。磯野は謎の情報屋を演じた。

 磯野は、24歳年下でバーテンダーの夫から「自分の子どもがほしい」と切り出されて離婚に同意したことを19日放送のフジテレビ長寿番組「はやく起きた朝は…」(日曜前6・30)で涙ながらに報告していた。

 磯野は09年に最初の夫と離婚し、12年9月に再婚した。ドラマ「つばめ刑事」は1話12分の全12話。3日~ひかりTVで、8日~dTVチャンネルにて先行配信される。DVDは9月3日に発売。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月2日のニュース