意義あった蒼井優 大先生の著書に「線を引きながら学びました」

[ 2019年6月2日 05:30 ]

映画「長いお別れ」の公開記念舞台あいさつを行った(左から)竹内結子、山崎努の等身大パネル、蒼井優、松原智恵子
Photo By 提供写真

 女優の蒼井優(33)、竹内結子(39)らが1日、都内で映画「長いお別れ」(監督中野量太)の公開記念舞台あいさつを行った。認知症になった父親を見守る家族の物語で、父親役の山崎努(82)はスケジュールの都合で欠席。

 次女役の蒼井は、山崎の著書「俳優のノート」が役者としてのバイブルだと明かし「線を引きながら学びました。大先生と共演できたことは、ものすごく意義がある」と感慨深げに話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月2日のニュース