爆問太田 「一人で死ぬべき」に「すぐ近くにいると思うの。彼のような人は」

[ 2019年6月2日 10:50 ]

「爆笑問題」太田光
Photo By スポニチ

 「爆笑問題」の太田光(53)が2日、MCを務めるTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童ら19人が殺傷された事件の容疑者をめぐり、「死にたいなら一人で死ぬべき」という意見が出ていることに言及した。

 事件当日の5月28日に落語家の立川志らく(55)がコメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)で、犯人に対して「死にたいなら一人で死んでくれよって。本当にそういう人は」などと発言。この発言が批判されると、ツイッターで「何故悪魔の立場になって考えないといけないんだ?」と反論した。一方、NPOほっとプラス代表理事で聖学院大学人間福祉学部客員准教授の藤田孝典氏が「川崎殺傷事件『死にたいなら一人で死ぬべき』という非難は控えてほしい」という記事を同29日にインターネットに投稿するなどネット上で賛否が議論されている。

 太田は「“一人で死ね”ってことは…それは“もう甘えるな”ってことだと思うんだけど、この犯人の場合は、自分も死ぬわけじゃないですか。自分の命も重く見ていないというか、自分が思っているような自分じゃなかったんだと思う」と指摘。その上で「それは“俺って生きていてもしようがないな”と。だけど、最後に一つ大きなことをする。特定の病気ってわけではなくて、そういう思いにかられるってことは誰しもがあるもの」と自らの考えを述べた。

 そして、自らは事件の容疑者と同じ50代で、高校生くらいの時に、何も感動できなくなった時があったと言い「物を食べても味もしない。そういう時に“これはこのまま死んでもいいな”っていうぐらいまでいくんだけど、そうなっちゃうと人の命も大切には思えないよね。だけど、その時に俺のきっかけだけど、たまたま美術館行ってピカソの絵を見た時に急に感動が戻ってきた」と告白。「何を見ても感動できなかったんだけど、ピカソが理解できたってわけじゃないけど、その時の俺には“表現ってこんな自由でいいんだ”っていうことで、そこからいろんなこと感動して、いろんなものを好きになる。好きになるってことは、それに気づけた自分を好きになるってことで、それは人でも文学でも映画でも何でもいいんだけど、そういうことに心を動かされた自分て捨てたもんじゃないなって思うと、他の生きている生物や人間たちの命もやっぱり捨てたもんじゃないってなった」と明かした。

 さらに太田は「つまり、すぐ近くにいると思うの。彼のような人は」と熱っぽく語り、「今、自分が死んでもいいって思っている人はもうちょっと先に…、それを見つけるすぐ近くにいるよってことを知ってほしい。きっかけさえあればって思うんだよね。すごい発見ができる。すぐ近くにいると思うんだよね」と強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月2日のニュース